2014/04/15

Johnny Foreigner 「You Can Do Better」


Country: UK
Release Year: 2014
Label: Alcopop! Records

Track List:
1. Shipping
2. Le Sigh
3. In Capitals
4. Riff Glitchard
5. The Last Queens Of Scotland
6. Stop Talking About Ghosts
7. Wifi Beach
8. To The Death
9. Le Schwing
10. Devastator

Official Web
Facebook

For Fans Of:
Los Campesinos!/Dananananaykroyd/The Joy Formidable



久しぶりに新作をチェックしましたが素晴らしいですね。現在のUS Emo/Indieシーンに通ずるものがあります。フィールドが違うので実現は無いと思いますが、このバンドがFESTとかに出たらかなり面白いことになると思います。UKということで同郷出身のLos Campesinos!や初期Dananananaykroydファンはセットで名前を見かけることもあったと思います。ツアーも一緒に回っていました。
上記バンドの音楽は非常にノイジーでガチャガチャ、ドタバタした展開の中に繊細なフレーズを挟み込んできます。特にJohnny Foreignerにいたってはメロディワークがとんでもなく良いんですよね。これぞセンスだと思います。また男女混合Vo.というのは音楽性も相まって、強みとなっています。現在ではメンバーが1人増えて4人編成となっていますが、長らく3ピースとして活動していた彼らを見ていたので当時の3人のグルーブというものは凄まじかったです。特にフロントマンのAlexeiは、ピロピロガチャガチャしたGt.を弾きながら歌っていたものですから彼個人の演奏スキルはかなり高いものと思われます。


年始にEPをリリースし、さらにアルバムのリリースも決まったPixiesが注目を集めていますが次世代のAlternative Rock、さらにはIndieシーンにも引っかかるJohnny Foreignerの音楽性はもっと注目されても良いのでは・・・と個人的には思っています。
アルバム1曲目からJohnny Foreigner節全開のトラックになっており、そこからM3までの流れは秀逸です。全曲がキラーチューンと言っても過言ではありませんね。
メンバーが増えたことによるライブパフォーマンスが気になります。今までは3人で再現した音源を4人でどのように表現しているのか。来日経験もあるのでぜひまた来てほしいです。フェスではなく単独でお願いします!

オススメトラック: M1 M2 M3 M5 M6 M7 M8
とにかく全曲聴いてみてください!

No comments:

Post a Comment