2015/09/27

雑記: Mike Kinsellaの弾き語り動画の話


Mike KinsellaことOwenの動画の話です。


説明不要、90's Emoから現在までEmoシーンにおいて重要な人物とされるMike Kinsella。
彼のソロプロジェクトOwenでの動画がYouTubeにたくさんアップされていますよね。

そんな中、アルバム"Ghost Town"のプロモーションの一環としてあらゆる場所で彼が弾き語りを行っている動画が面白かったので紹介したいと思います。
風景とばっちりマッチしているものから、シュールなものまで、「エモい」×「笑い」な動画をどうぞお楽しみください!


【Album Title】: Ghost Town
【Release Year】: 2011
Ghost Town cover art

1.  Too Many Moons

Mikeの自宅玄関前。娘さんがてくてくとやってくるシーンではMikeがお父さんになる瞬間が垣間見えます。コメントに「American Footballのジャケットに使われている家だ!」と指摘している方がいますが、あれってMikeの自宅じゃないですよね・・・?

2. No Place Like Home

シカゴのビーチで。背景に輝くネオンも綺麗ですし、波の音もうっすら聞こえてきます。
これはとても良いロケーションですね。美しいです。

3. O, Evelyn

シカゴの劇場前で。これはちょっとシュール・・・カメラと本人の距離がかなりある。
途中で一般人に話しかけられてますし、劇場のランプが消灯しちゃってますし、これ本当に一人でやったんでしょうね(笑)

4. I Believe

ルーフトップから。M2同様、背景に映るシカゴの街並みが綺麗です。
天気も良好ですし、アコースティックの動画は曲だけじゃなくロケーションも大事かもしれません。

5. The Armoire

カツラ屋さんで。何百というマネキンに囲まれて歌う様はすこし異様な感じもしますが・・・
そんな環境でもいつもと変わらないパフォーマンスを披露するMikeさんがシュール・・・

6. An Animal

精肉店の厨房からという、なんとも生肉の香りが漂ってきそうなシチュエーション。
これも一見シュールな光景に見えますが、タイトルの動物にかけてこの場所をチョイスしたような気がします。途中から肉をぶった切ってる音とかも聞こえますし、動物大事にしましょう、感謝しましょうってことなんでしょうか。メッセージ性があります。

7. No Language

これが一番笑いました。グラハムエリオットキッチンというシカゴで有名なお店の一角で、シェフとウェイターがいそいそと仕事している中で、何も気にせずいつも通りに歌い続けるMikeさん。
なんでこの場所を選んだんだ・・・

8. Mother's Milk Breath

Salvage Oneという家具屋(?)の中で。Mikeさんの座っている位置に丁度太陽光が射し込んでおりなかなか雰囲気出ているんじゃないでしょうか。

9. Everyone's Asleep In The House But Me

最後です。"Home"って書いてありますけど、おそらく廃墟だと思われます。


以上、Ghost Townのプロモーション映像を9本紹介しました。
僕はやっぱりキッチンの動画がじわじわきますね(笑)

No comments:

Post a Comment