2015/09/05

Owen/Into It. Over It. 「Split」

Split Ep cover art
Release Year: 2015
Label: Polyvinyl Records


Track List: Title / Artist
1. Poison Arrows / Owen
2. Poor Souls (Owen Cover) / Into It. Over It.
3. Local Language / Into It. Over It.
4. Anchor (Into It. Over It. Cover) / Owen

Owen
Country: Illinois, US
Facebook
Bandcamp

Into It. Over It.
Country: Illinois, US
Official Web
Facebook


新旧Emoの匠によるスプリットが遂にリリース!今回このスプリットに参加しているOwenことMike KinsellaとInto It. Over It.のEvan Weissは同郷出身というよしみもあり、既にTheir / They're / Thereというスリーピースを結成しております。同時に来日もしていましたね、あの時の記憶は鮮明に残っています。
MikeとEvanは同じソロのシンガーソングライターとして活動しており、ステージでは自分の声とギター1本で臨むというスタンスまで同じもの同士。Mikeは90's Emoをリアルタイムで通過してきた経験があり、Evanは2000年以降のEmo Revivalのムーブメントに大きな貢献をしている人物です。
こうやって見ると、世代を超えてしっかりとそのスピリッツが受け継がれていることがこの目でしっかりと確認できるわけですが、その音楽性は似て非なるものがあります。
Owenは牧歌的で孤高を貫くイメージから、哀愁を帯びた曲が多いです。

対してEvanはトリッキーなGt.プレーを得意とし、ハートフルで力強く歌い上げる姿が印象的ですよね。彼はソロで活動する以前から、アンダーグラウンドシーンで数々のバンドを渡り歩いてきたキャリアがあります。現在ではYou Blew It!やAnnabelといった現行Emoシーンの代表格を相手にアルバムのプロデュースなども行っているので、マルチにその才能を発揮しています。素晴らしいです。

そんなわけで、お互いがソロのプレイヤーとして共作をリリースするのは実は今回が初めてだったりします。いずれにせよ古き良き時代を崇拝するおっさんも、今が最高だとおもっているがきんちょもこのスプリットはぜひ聴いてもらいたいですね。この作品にはそういう世代間のギャップは存在しませんから。

【おまけ】





Ba.がEvan、Dr.がMikeです。

No comments:

Post a Comment