2015/09/20

Sorority Noise 「Joy, Departed」

Joy, Departed cover art
Country: Connecticut, US
Release Year: 2015
Label: Topshelf Records



Track List:
1. Blissth
2. Corrigan
3. Flourescent Black
4. Nolsey
5. Your Soft Blood
6. Art School Wannabe
7. Fuchsia
8. Using
9. Mononokay
10. When I See You (Timberwolf)

Facebook
Bandcamp

For Fans Of:
Biffy Clyro/The World Is A Beautiful Place/Diamond Youth



Old GrayのフロントマンCameron Boucherがやっているバンドです。
この人がまたかなり変態的なセンスをしていまして、一体どんな渋い音楽を聴きインスピレーションを受けてきたのか。底知れない何かを秘めています。
一応1stアルバム的なものが去年リリースされています。やっていることはその時から変わっていなくて、EmoやIndieのようなトラックから、Panic At The Discoの2ndアルバムみたいなThe Beatles然りな曲だったり、幅広い内容となっています。


正直、ピンとくるような曲は無いです。ただ話題性もあってチェックしてみました。これでもTopshelfのバンドですからね。
しいて言うなら、UKのBiffy Clyroに通じる部分があるかなと思います。主に声ですが(笑)アグレッシブでもなければ、変則的でもありません。本当にほわほわしたまま、ロッキンに消化していく感じです。つまりこれがCameronワールドなんだなと。
やっぱり彼は変態ですから、僕のような凡人には解せぬ所が少なからずあります・・・


Old Grayではブチ切れハイテンションなScreamoなサウンドなので、恐らくEmoも通過してきているはずです。しかし、このバンドからはEmoというよりも単に芸術性を感じます。1から丁寧にストーリーを組み立てていくような展開が楽曲に表れていますし、そういう意味ではかなり繊細な音楽をやっているのではないかなと思います。
どちらにせよ僕にはちょっとわからない世界がこのアルバムでは繰り広げられているというお話です。これはDisとかじゃなくて、本当にそう感じるんです。
あと、僕がCameronを変態と呼ぶ由縁はTwitterだかInstagramだかにアップされていた1枚の写真にあります。彼の私服姿が映った自撮りだったのですが、異様な程に丈の短いデニムのハーフパンツ姿がそこにはありました。・・・いやハーフパンツというか、女性が履くホットパンツでした。あれはネタだったのかもしれませんが、どちらにせよあの姿はけっこうインパクトありましてね(笑)
それ以来僕の中で勝手に変態認定しています。ちなみにあの見た目で僕と年齢が変わらないみたいです、つまり20代前半です。恐ろしいです、外国。

No comments:

Post a Comment