2016/01/03

Watermedown 「Somewhere Sleepless」

Somewhere Sleepless cover art
Country: Virginia, US
Release Year: 2015
Label: Equal Vision Records
For Fans Of:
Grey Gordon/Real Friends/Man Overboard


Track List:
1. Bragging Rights
2. Serenity
3. God I Found In Hell
4. Exposure
5. Safe And Sound

Facebook
Bandcamp



USにはソロで活動しているアーティストがたくさん居ますが、彼もまたその内の1人。Jonny MaysことWatermedownとして数年前から音源をリリースしています。現代ではMySpaceに代わってBandcampやSoouncloudといった音楽ツールが主流になり、また自宅で誰もが録音できる時代。世界的にもSNSが流行し、インターネット社会となった今、その恩恵を音楽活動を通して受けている人がいるという現実があります。
僕もTwitterをやめてネットから少しでも離れた瞬間、情報の入り方が極端に狭まるということを思い知りました。日々音楽をディグるためには、レコードショップのチラシやレコメンドだけじゃオタク的探究心は満たされないものです。やはりネット上の情報にすがる他ない、これは良いことか悪いことはわかりませんが・・・


話しがだいぶ逸れてしまいました。
このJonny Maysという人物は、音源がバンドセット、ライブは一人というスタイル。これはInto It. Over It.やGrey Gordonといったアーティストと同じです。Watermedownは90'sEmoのような静と動によるパフォーマンスやIIOIのようなアットホームな曲こそありませんが、この歌声そのものにエモさが表れていますね。擦り切れそうな声でハイトーンを歌う様はかなりグッとくるものがあります。
Equal Vision Recordsと言えば、Baneのような大物HxCバンドから、Saves The DayやEisleyのようなIndie/Rockバンドが所属する大手レーベル。リッチモンドという地から、一人でここまで登り詰めたかと思うとこれまた哀愁漂っていますわ・・・

【おまけ】

まるでギャングスタのような、あるいはゴリゴリのHxCバンドのメンバーを思い起こさせる風貌ですがGt.1本と自分の歌声だけが楽器の彼もまたWatermedownと同じソロのシンガーソングライター、
Grey Gordonです。

No comments:

Post a Comment