2016/06/29

Clique 「Burden Piece」

Burden Piece cover art
Country: Pennsylvania, US
Release Year: 2016
Label: Topshelf Records
For Fans Of: Tigers Jaw(early)/Oslow/Donovan Wolfington


Track List:
1. Worth
2. Top Field
3. Mess
4. Usage
5. Boundaries
6. Athlet
7. Crater
8. Quappy
9. Wishful Thinking
10. Separate
11. Saline
12. Mutual
13. Kelly

Facebook
Bandcamp



やったー!Topshelfからのリリースとはめでたい!以前EPをレビューした際に、このバンドはでっかくなるぞーと書いた記憶があります。(思い違いでなければ・・・笑)
今作、初のフルアルバムです。初期Tigers Jawファンは歓喜の内容となっているのではないでしょうか。1曲も2分前後という、ある意味ショートチューンが全13曲収録・・・!なんというハードコアなアルバムでしょう。
ただただゆったりと、ダウナーな感じで進んでいきます。エモさもばっちりです。郷愁感あり、色のない感じがエモ好きにはたまらないです。


こういうスローテンポで、Emo/Indieのアプローチが強いサウンドを"Sadcore"や"Slowcore"なんて呼ぶみたいですね。遡れば90'sのIdaなんかがそれにあたるようです。Cliqueの場合は、かなりディストーションが利いているのでIdaに比べるとアグレッシブな感じはありますね。
それにしてもモロに初期Tigers Jawな感じには本当に感心します。Tigers Jawよりもメロディがツボる感じもさらにグッドです。


今年聴いたEmo盤はどれも秀逸でしたが、これも外せないと思いますよ。
ちなみに1st EPはかの優良レーベルBroken World Mediaからリリースしております。こちらはname your priceでDL可能なので、まずはそちらからチェックしてみるのも良いと思います。
アルバムの後半になればなるほど、淡くエモーティブな感触が増していきます。これはもはや男性版Jejuneと言っても過言ではありませんね。


現行のEmoシーンでこれだけスローでダウナーなバンドって実は少ないので、唯一無二な存在としてこの路線は変えずに行ってほしいところ。
現代版Sadcoreの決定盤です!

No comments:

Post a Comment