2016/11/19

Touché Amoré 「Stage Four」


Country: California, US
Release Year: 2016
Label: Epitaph Records
For Fans Of: Pianos Become The Teeth(early)/Departures(UK)/The Tidal Sleep


Track List:
1. Flowers And You
2. New Halloween
3. Rapture
4. Displacement
5. Benediction
6. Eight Seconds
7. Palm Dreams
8. Softer Spoken
9. Posing Holy
10. Water Damage
11. Skyscraper

Facebook
Bandcamp



"Is Survived By"振りのフルアルバムです。レーベルもDeathwishからEpitaphへ移籍しました。
前作よりもさらにメロディアスな展開が多く、Touché Amoré至上最もキャッチーでストレートなアルバム仕上がっていると思います。
当時はChaotic×激情HxCスタイルだったのでEmoviolenceを匂わすアプローチが多かったですが、2枚目のフルアルバム以降はPianos Become The Teethや古いところだとBeau NavireのようなEmoviolence特有のキャッチーな展開が盛り込まれるようになりました。そして今作では聴きやすさより深く追求し、彼らのキャリア上でも断トツでPopな仕上がりとなりました。


Loma Prietaが"Self Portrait"で見せたメロディに重きを置いたトラックワークにシンパシーを感じました。Touché AmoréはHxCの要素よりもEmo/Real Screamo寄りになった印象です。特筆すべきなのは、Vo.のJeremyがクリーンパートを歌っていることでしょう。これは従来の彼らにはない試みですね。
そういう点で考えると一時のPianos Become The Teethに近い雰囲気が漂っていると思います。


非常に哀愁漂っていますよね。渋さも際立っていますし、まさにエモーショナルなバンド。当初に比べればHxCの要素は薄まったものの、衝動的な感じは健在です。
曲毎に裏で鳴るメロディが儚さとか切なさを存分に出しきっている。激情と呼ぶにふさわしいVo.は本当に訴えかけてくるものがありますね。グッときます。

No comments:

Post a Comment