2016/12/31

Blink-182 「California」

「blink-182 california」の画像検索結果
Country: California, US
Release Year: 2016
Label: BMG
For Fans Of: Alkaline Trio/+44/Box Car Racer


Track List:
1. Cynical
2. Bored To Death
3. She's Out Of Her Mind
4. Los Angeles
5. Sober
6. Built This Pool
7. No Future
8. Home Is Such A Lonely Place
9. Kings Of The Weekend
10. Teenage Satellites
11. Left Alone
12. Rabbit Hole
13. San Diego
14. The Only Thing That Matters
15. California
16. Brohemian Rhapsody

Facebook
Twitter



フロントマンのTom Delongが脱退し、後任でAlkaline TrioのMatt Skibaが加入するなんて誰が想像していたでしょうか。今年の驚くべきニュースの1つでしたね。そんなわけで、新体制となったBlink-182の最新アルバムになります。
Mattが加入したことで何か変わったかと言うと、実はそうでもないです。今までのBlink節は健在で元祖Pop Punkバンドと呼ぶにふさわしいキャッチーさを武器に、アルバムを彩ります。


僕はTomが好きだったので、Tom抜きのBlinkには寂しさを感じたのは否めませんね。でも、あのAlkalaine TrioのMattが加入したBlinkは、それはそれでめちゃくちゃクールなことだとも思いました。
ある意味スーパーグループですよこれは。Blinkじゃなくて別のバンド名つけて活動しても良いレベルです。
前作は、長らくの活動休止からの復帰作でありましたが、そこではダンサブルな要素だったり今までにないアレンジを取り入れていたのが印象的でした。今作では、原点回帰したようなシンプルなトラックワークが多いです。これこそPop Punkの王道を行くサウンドだと思います。
近年のPop Punkというと、トレンドを取り入れて個性を出すバンドが多い傾向にありますが、本来のPop Punkはこういう形なのではないかなと感じさせられませした。
これだけシンプルなのに飽きを感じさせないアレンジは、長きに渡り培ったキャリアとセンスによるものの集大成なのではないかと。


16曲というボリューム満点なアルバムの構成も評価に値しますよね。特にファンにとっては嬉しい内容。Blinkは僕が小中の頃に当時のメジャーストリームで活動していたバンドで、そんなバンドが10年以上経った今でも同じように現役で活動していることの凄さを感じます。だって、今の高校生は下手したらBlinkを知らない音楽好きが居る可能性があるわけだよね。ポケモンを通信ケーブルでやっていた時代を知らない世代のように、ジェネレーションギャップって絶対出てくるはすなんです。
メンバーはもうおじさんなのに、あっぱれですね。

No comments:

Post a Comment